TOP 「GIGAスクール」動画 StuDX Style サポート事業者一覧 アドバイザー一覧
子供同士がつながる

3-⑥
共同編集で学習のまとめを作成

活用の概要 スライドソフトを隣の児童と共有化し、学習したことを二人で協力してスライドにまとめる実践。
学習課題、取り組んだこと、分かったこと、まとめの4枚のスライドを作成し、他のグループと共有することをあらかじめ伝えていたので、取り組んだことや学習を通して分かったことをどのように表現すればよいかなどについて、二人で話し合いながらより良いまとめを作成しようとする姿が見られた。
また、このようにペアで共同編集する活動を行う中で、自ずと端末やソフトの使い方について教え合うことにつながり、教師が操作支援に追われるということが少なくなった。
準備するもの スライドソフト(OS標準)
  • 共有化されたひな形を配信
  • 隣の児童と分担してまとめスライドを作成
  • ・学習のまとめの共有
    ・学習の履歴の蓄積

導入初期は、あらかじめ写真や吹き出しの枠などの入ったひな形スライドを教師が用意した。慣れてきたら子供たちが自分で写真を挿入して吹き出しを付けられるように指導。

ペアで共同編集する活動を行う中で、学習内容に関する会話はもちろん、端末やソフトの操作方法に関する会話が増えた。教師が個々の端末操作支援に追われるということがなくなった。

完成したスライドを使って、他のグループと学習のまとめを共有。表現し、交流する機会を繰り返し設ける中で、お互いに新たな気付きを得たり、考えを深めたり広げたりすることも期待したい。

アドバイザーからのコメント

ICTを効果的に活用しながら、二人で協力して学習のまとめを行い、他のペアと共有している例です。何度も取り組む中で、端末やソフトの操作スキルも自ずと高まり、ICTをより効果的に使って表現できるようになるでしょう。取組の中で、教科の学びの観点により注目するようにできると、より深く振り返ることにもつながると思います。また、このようなまとめを蓄積し、前の学習を振り返ることで、その後の学習に生かすことも期待できます。
こうした中で培われたICTを活用する力は、教科の学習を含め、様々な学校生活にも生かされます。

  • 校種・学年

    小学校