TOP 「GIGAスクール」動画 StuDX Style サポート事業者一覧 アドバイザー一覧
子供同士がつながる

3-⑨
カレンダーで予定の共有

活用の概要 週始めにカレンダーソフトを使って、主に放課後や家庭学習の予定を作成させる。必要に応じて児童同士で共有できるようにしてあるため、一緒に遊ぶ予定を立てたり、家庭学習の計画の立て方などを学び合ったりしている。情報が一気に集約されるイメージをもたせるために有効な取組となった。
準備するもの カレンダーソフト(OS標準)
  • カレンダーソフトに予定を入力
  • 自主学習の予定を友達と共有
  • 主体性・協働性の育成

カレンダーは、担任とそれぞれ2〜3人の児童で共有している。6年生にもなると、どのくらい自主勉強をしているのか刺激を与え合っている。中には遊びの予定を入れる児童もいる。

予定を共有しているカレンダー画面の様子。

アドバイザーからのコメント

週始めに1週間の予定を作成したり、週末に予定していた計画に対してしっかりと取り組めたのかを振り返ったりすることで、自己調整学習としてのカレンダー活用になっています。
また、設定次第で友達のカレンダーを見ることもできるので、児童同士が声を掛け合うなど、互いにコミュニケーションを深めている姿も確認できました。
このような活用を通して、児童は情報や情報技術の特性に触れ、自分の生活に活かそうとしています。

  • 校種・学年

    小学校